シトルリンとアルギニンの効果を比較!シトルリンがアルギニンに変化する!精力剤ならシトルリンがおすすめ!

多くの精力剤には「シトルリン」や「アルギニン」が配合されています。

これらの成分はどちらも勃起のメカニズムに関わっており、勃起をするのに役立つ成分です。

「シトルリン」と「アルギニン」は、一酸化窒素(NO)を作り出すことで勃起を促します。

そのメカニズムは科学的に証明されており、効果が期待できるでしょう。

それでは精力剤を選ぶ際には、どちらの成分をより重視すべきなのでしょうか。

この記事ではシトルリンとアルギニンの比較をし、成分の関連性についても解説いたします。

「シトルリン」と「アルギニン」のおすすめ比較ポイント

比較する上で大切なのは以下の通りです。

  • 効率的に一酸化窒素(NO)を作り出せるのは「シトルリン」
  • 生体内で様々な機能に関与しているのは「アルギニン」

それぞれ見ていきましょう。

効率的に一酸化窒素(NO)を作り出せるのは「シトルリン」

「シトルリン」は、「アルギニン」よりも効率的に一酸化窒素(NO)を作りすことが可能です

「アルギニン」は、肝臓でアルギナーゼなどの酵素によって大部分が代謝されてしまいます。

一方「シトルリン」は腸管での代謝を受けにくいため、より効率的にアルギニンを全身に供給することができます。

精力剤で摂取するならば、「シトルリン」がおすすめです。

【参考文献】

一酸化窒素 ウィキペディア

虚血に伴う勃起不全に対する新規アプローチ 日本薬理学会

生体内で様々な機能に関与しているのは「アルギニン」

「アルギニン」も生体内で一酸化窒素(NO)を作り出してくれる成分です。

アルギニンの量が減少してしまうと、一酸化窒素(NO)を効率よく作り出すことができなくなってしまい陰茎の弛緩反応が低下してしまいます。

しかし「アルギニン」を口から摂取しても腸管内で代謝されてしまうので、「シトルリン」を摂取して体内で「アルギニン」を作った方が良いでしょう。

「アルギニン」は、一酸化窒素(NO)を作り出すだけでなく生体内で以下のような機能に関与しています。

  • 成長ホルモンの分泌促進
  • 免疫機能の向上
  • 脂肪代謝の促進

EDは生活習慣病に深く関わっています。

「アルギニン」のこれらの働きを利用して、体質改善をし予防・治療することも大切でしょう。

【参考文献】

アルギニン 健康食品の素材データベース 国立研究開発法人

「機能と NO」 ‐陰茎海綿体の薬理学的研究から得られたもの‐ 木村和哲 名古屋市立大学大学院薬学研究科

「シトルリン」の特徴

続いて個別に見ていきましょう。

まずは、「シトルリン」の強みと欠点について簡単にお話しします。

強み

  1. 効率的に一酸化窒素(NO)を作り出してくれる
  2. 副作用がない
  3. EDの治療薬が十分に効かない人にも有効

「シトルリン」は、腸管での代謝を受けにくいです。

よって、効率的に一酸化窒素(NO)を作りだします

一酸化窒素(NO)が作用しすると、大量の血液が陰茎に流入し勃起が起こります。

「シトルリン」は薬品ではないので副作用はありません

現時点では健康被害の事例もないので、安心して摂ることができるでしょう。

また、EDの治療薬であるPDE-5阻害薬が効かない方にも「シトルリン」は有効な場合があります。

PDE-5阻害薬で治療を試みたけれど効果がなかったという方も、「シトルリン」は試してみる価値があるでしょう。

【参考文献】

シトルリン 国立研究開発法人 医薬基盤・健康・栄養研究所

虚血に伴う勃起不全に対する新規アプローチ 日本薬理学会

欠点

  1. 「アルギニン」に比べて生体内での役割が少ない

「シトルリン」の働きは、生体内で一酸化窒素(NO)を作り出し動脈を拡張させて血流量を増やすことです。

一方「アルギニン」は、一酸化窒素(NO)を作り出すだけではなく他にも生体内で様々な働きをしています。

役割の豊富さを比べると「シトルリン」の方が、生体内での働きは少ないでしょう。

「アルギニン」の特徴

次に「アルギニン」の強みと欠点について解説します。

強み

  1. 生体内で様々な働きをしている
  2. 様々な食材に含まれている

「アルギニン」は一酸化窒素(NO)を作り出すだけでなく、生体内で様々な役割を担っています

成長ホルモンの分泌促進や免疫機能の向上、脂肪代謝の促進などの働きをしており欠かせない成分です。

また狭心症、末梢血管疾患、間質性膀胱炎などの症状を改善さてくれるという報告もあります。

体質を改善することで、EDの改善を目指すとこができるでしょう。

「アルギニン」は肉類、ナッツ、大豆、牛乳、エビ、玄米など様々な食材に含まれている成分です。

年中身近な食材から摂取できます。

【参考文献】

アルギニン 健康食品の素材データベース 国立研究開発法人

「機能と NO」 ‐陰茎海綿体の薬理学的研究から得られたもの‐ 木村和哲 名古屋市立大学大学院薬学研究科

欠点

  1. 腸管内でほとんどが代謝されてしまう
  2. 健康被害やアレルギーの報告がされている

「アルギニン」は、口から摂取しても腸管内でそのほとんどが代謝されてしまいます

「アルギニン」よりも「シトルリン」の方が効率的に一酸化窒素(NO)を作り出せます。

精力剤で摂るのならば「シトルリン」の方が良いでしょう。

また「アルギニン」は適切に短期間摂取した場合には安全とされていますが、長期間使用した場合の安全性に関するデータは十分にありません。

「アルギニン」を摂取した場合に腹痛や下痢、痛風などの症状が出たという報告もありました。

アレルギー症状としては気道炎症が報告されており、喘息がある方は気道炎症が悪化する恐れがあります。

心筋梗塞の人はサプリメントでの使用は避けた方が良いです。

「シトルリン」と「アルギニン」の比較

続いて「シトルリン」と「アルギニン」が配合されている精力剤を比較していきます。

例として、「シトルリン」配合のおすすめ精力剤の「ギムロットα」と「アルギニン」配合のおすすめ精力剤の「バイタルアンサー」を比較してみましょう。

価格とランニングコスト

  「ギムロットα」 「バイタルアンサー」
価格(税込) 11,980円 12,960円
1日のランニングコスト 約399円 約432円
送料 850円(沖縄・離島は別途1800円) 無料

送料を含めると、どちらも価格は大きく違いません。

「シトルリン」と「アルギニン」は、どちらの成分の方が高価ということはないでしょう。

成分

成分 「ギムロットα」 「バイタルアンサー」
シトルリン 1560mg  500mg
アルギニン 1,600mg
オルニチン 100mg
トリプトファン  62mg
亜鉛 20mg
各種ビタミン 125mg
クラボワスカ 1940mg
トンカットアリ
ムイラプアマ
ウアナルポマチョ
金時生姜
ヒハツ

1日の摂取目安量で摂れる量を記載いたしました。

「ギムロットα」には様々な成分が配合されています。

しかし、成分含有量はシトルリンとクラボワスカのみ記載されておりその他の成分に関しては記載されていません。

一方「バイタルアンサー」は、多くの成分の含有量が記載されています。

どちらの製品にも「シトルリン」と「アルギニン」の両方が配合されていました。

しかし、その含有量は大きく異なります。

精力剤選びで迷った際には、成分量を比べてみましょう。

シトルリンとアルギニンの関連性

続いて、「シトルリン」と「アルギニン」の関係性をご紹介しましょう。

勃起は一酸化窒素(NO)が作用して、大量の血液が陰茎に流入することで起こります。

「シトルリン」と「アルギニン」は、どちらも一酸化窒素(NO)を作りだしてくれる成分です。

「シトルリン」を口から摂取すると、肝臓で「アルギニン」に変換されて一酸化窒素(NO)を作り出します

ならば、最初から「アルギニン」を摂れば良いと考えるかたもいるでしょう。

しかし、「アルギニン」を摂取しても大部分が肝臓で代謝されてしまいます。

一方「シトルリン」は腸管での代謝を受けにくいため、より効率良く一酸化窒素(NO)を作りだすことができます。

まとめ

  1. 精力剤で摂るならば「シトルリン」がおすすめ
  2. 「アルギニン」は、肝臓でアルギナーゼなどの酵素によって大部分が代謝されてしまう
  3. 「シトルリン」は摂取しても代謝されにくいので、効率的に一酸化窒素(NO)を作り出せる
  4. 「アルギニン」は生体内で様々な働きをしている
  5. EDの治療薬であるPDE-5阻害薬が効かない方にも「シトルリン」は有効
  6. 勃起は一酸化窒素(NO)が作用して、大量の血液が陰茎に流入することで起こる

「シトルリン」と「アルギニン」は、どちらも一酸化窒素(NO)を作り出し勃起を促すというメカニズムは同じです。

しかし、摂取した場合の効率の良さは「シトルリン」の方が良いでしょう。

それぞれにメリットとデメリットがありますが、精力剤で摂るならば「シトルリン」がおすすめです。

精力剤の成分をみてみると、「シトルリン」と「アルギニン」の両方が配合されている製品は多くあります。

その配合量はそれぞれ異なりますので、精力剤を選ぶ際は成分の含有量にも注目してみてください。

関連記事

NO IMAGE

マカの効果と副作用について!メリットは栄養価が高いこと!デメリットは勃起改善成分...

NO IMAGE

シトルリンの効果と副作用について!勃起のメカニズムについて解説!

NO IMAGE

アルギニンの効果と副作用について!勃起には一酸化窒素(NO)が必要で、一酸化窒素...

NO IMAGE

クラチャイダムの効果と副作用について!別名はブラックジンジャー、黒ウコン!勃起に...